最近、有栖川宮熾仁親王直筆の短冊が発見されました。

有栖川宮熾仁親王の子を宿した上田よね(王仁三郎の生母)は、親王が東京へ旅立つ前に、親王から守刀、白い倫子の小袖、親王の御名と印と花押のある短冊を賜っています。

守刀は古い信者の家に秘蔵されており、昭和53年12月に発見され、毎日新聞で報道されました。両刃の短剣で刃渡り15.1cm、目釘の脇に直径1cmの十六花弁の菊の御紋が刻まれていたそうです。

白い倫子の小袖は、王仁三郎の妻・澄(すみ)が上田よねから実物を見せられています。ただし、現在は所在が不明です。


有栖川宮熾仁親王

熾仁親王の御名と印と花押のある短冊には、次のような歌が記されていたそうです。
わが恋は深山の奥の草なれや
              茂さまされど知る人ぞなき
この短冊について出口和明氏はこうに述べています。
 警察に押収されたと思っていたものが、昭和十七、八年頃、ひょっこり綾部の倉庫で発見されましてね、王仁三郎は大喜びでした。この短冊の歌を王仁三郎の五女の住之江(すみのえ)が覚えていて、「有栖川宮熾仁親王の御名と印と花押がちゃんとあった」と語っています。作歌に夢中になっていたおかげで、歌もそらんじていたんです。
 その後、一時所在不明になりましたが、昭和四十八年には私が書斎として使っていた倉の天井裏に、熾仁親王の三幅の額が貼り付けてあるのを発見しました。
(『天皇の伝説』 「大本教教祖・出口王仁三郎「御落胤」伝説」 オルタブックス)
運命のいたずらでしょうか、この短冊は再び所在が不明になってしまいました。

それが2009年、再び発見され、日の目を見ることになりました。以下がその写真です。ご覧のとおり、歌がやや異なっていることが判明しました。


※画像をクリックすると拡大します。


なお、上田よねが妊娠に気づき郷里へ戻って吉松と結婚したこと、生まれた赤ん坊が上田喜三郎(後の出口王仁三郎)と名づけられたこと等の様子は、『大地の母』(第1巻「深山の草」)に詳しく書かれてあります。




精乳館を経営していたころの上田喜三郎